クソ父が年を取って私たちを頼ってきたが足蹴にした。ところが父の思い出がない幼かった弟が「父さんが可哀想!ボクが面倒見る!」とはっちゃけ