【恐怖体験】放課後、図書委員会の仕事でひとり残っていた