私がおっとりしてるのをいいことにトメが散々いびってくれた。ある日トメがトメ友に泣きながら「私はこんなに鬼嫁の仕打ちに耐えてるの」って泣いて話すのを聞いてついに覚醒