【十文字峠の切ない体験】左手のほうにわき道があり、そこから登山者が一人上がってきた