親知らずを抜いた俺が直面している現実